*

ビジネス

去年、友人の保証人になりました

新聞の広告、タブロイド紙、電話ボックスに見られる宣伝チラシやダイレクトメールなどで、「負債の合理化任せてください」「債務を統合したくありませんか」などといった売り言葉を閲覧することがありませんか。

 

これらは、「整理屋」「買取業」「つなぎ屋」という俗称の悪徳企業のだまし広告のときがあります。

 

そのようなものを使用したケースでは自己破産申請手続きの中で一番重要な免責認定を受けられなくなる危険がありえます。

 

「整理人」の場合ビラなどで債務者をおびきよせ、すさまじい手数料を要求して負債整理をするのですが実際は整理は行われず、借金者はより一層の債務スパイラルに陥るケースがほぼすべてと考えてください。

 

「買取専門屋」の場合は債務人のカードで、旅行の券をいっぱい買い入れさせて、依頼者からそういった品を定価の10%から半分で買取るというやり方が知られています。

 

そのときはキャッシュが増えますが、まもなくカード企業からの買ったものの販売額の督促が届き、結局は借金を増額させる結末になります。

 

この場合、クレジット会社に対しての詐欺であるということになって免責を受けられません。

 

「紹介者」とは、人気の貸金業者から断られる借金者へ、業者としては融資はしないでおいて、資金提供をしてくれる別な企業を呼び出し、高額な紹介料を要求する業者です。

 

つなぎ屋は高度な手続きで融通可能になったという口調で話しますが実際には何もしていなくて、種は簡単で審査の甘いルートを教えているだけです。

 

このケースも実際は債務を増加させる結末となります。


テスト

テスト記事です。